CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 次世代IP網WG(1) | main | 地域アクセスの価格 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
次世代IP網WG(2)
実は続いています。

次世代IPインフラ研究会 第一次報告書(案)」に対する意見募集から"次世代IPインフラ研究会第一次報告書(案)-バックボーンの現状と課題"(→PDFファイル)。

スター型トポロジだとボトルネック部分がハードウェア的に出来てしまうわけです。IXのPEルータとか。

(7)ネットワーク形態の検討
このため、各ISP側においても、極端なスター型のネットワーク形態を採用することはできず、高性能なルータを「ある程度」分散配置してメッシュ型のネットワーク形態を採用し、トラヒックを分散させることが求められる。
という事で。

 その前に、もう一つの方策、トラフィック制御が検討されています。
「上り」が「下り」のトラヒックよりも多い利用者は、光ファイバの全利用者の約1割しか占めないにもかかわらず、この約1割の利用者がバックボーンへの全転送量の8割以上を占め、利用者によっては1月当たり7T(テラビット)を超えるトラヒックを発生させているという指摘が、一部のISPからなされている。
(snip)
「上り」のトラヒックが「下り」のトラヒックを上回っている利用者の多くは、現状では、利用者間でコンテンツ等をやりとりするP2P(Peer to Peer)型のファイル転送を行っている利用者であると指摘されている。
P2P、それもWinnyやらそのあたりの話がなされています。80〜90%の回線コストを10%の利用者のために負担出来るのか?と言う問題に当然なります。これに対してトラフィック制御によって対応しようと言う考えが当然生まれるわけで(ほかにもトラフィック量課金なども)、
TV会議やIP電話などリアルタイムでのサービス提供が求められるものと、P2Pファイル転送のように蓄積系のサービスとに分けて、前者には品質保証をかけ、後者についてはそのパケットの長さや識別子により分別し、トラヒックの状況によっては、これを制御して、他のサービスへの悪影響が出ないようにするという方法が考えられている。
しかし、こうした技術を事業として実装するための投資が多額に上ることに加え、仮に技術を実装できたとしても、利用者はISP側には予想のつかない新たな利用方法を生み出すものであり、対症療法でしかないとの指摘がある。
として過去に大半を占めていたトラフィック種別が変わってきた事を例示しています。
これらについてはまたいろいろと手段・問題がありますので別の機会にして、元に戻ってトポロジの分散型への移行についてみてみる事にしましょう。
現状は、
既存の電話網は、ネットワーク形態としては統合型のツリー型ネットワークであるが、トラヒックは市内や県内に閉じるものが多く、ツリーの上部まで上ってくる呼数は相対的に減少するのに対し、インターネットは、ネットワーク形態としては非統合型の分散型ネットワークと言われるが、トラヒックは東京一極に集中しているのが実情である。
であり、一ISPのネットワークトポロジは基本的にシングルスター型になっているのが現状です。1頂点型の。
問題点は記載から抜き出すと
(1)地域におけるブロードバンド・サービスの品質低下
(2)サイバー攻撃や大規模災害等に対する脆弱性
(3)通信設備に対する過剰負荷
というところです。で、元に戻るわけです。
地域で終始したトラフィックって有るの?と。現状ではないですね。だからそれは今の問題じゃない。そういうアプリケーションが存在したときに問題になるだけ。…P2Pがそうかもしれませんが。
結局問題は(2),(3)からトポロジの変更が要請されるという事です。
危機管理の点からも設備の限界からもAS/ISP間でトラフィック交換を行うポイント、ネットワークの集約点を増加させて地域ブロック化する必要があるのではないかということです。
しかしそれが各都道府県にまで行くかというと、コストの面から難しいでしょうし、何よりオペレーションが不可能なほど難しくなるのではないでしょうか。
ネットワーク形態をどの程度まで分散させるべきかについては、地域ブロック単位まで分散させるべきではないかとの意見が多かったところである。
とあるように、スター型をとった地域ネットワークブロックをリングかメッシュで接続するという形態が一番基本的な解なのでしょう。東日本に2カ所、西日本に2カ所程度のブロックを構成して、各ブロックで外部とのトラフィック交換を行うと。

ちなみに現在よく取られている地域網へのアクセスネットワークは、広域Ethernetなどを利用して、46道府県から東京に集約してコアに持っていくネットワーク(フリービットとかIIJのフレッツとかもそうだったはず)や、東阪2極に集約させて、東阪間を接続して、東阪のコアにそれぞれ繋ぐ形(VECTANTとかWAKWAKとかそうでしたよね。あとOCNとか…あれ?OCNはフレッツ網は東京一極だっけ?)ですが、それを地域ごとに集約する形にして、そのスター型の頂点をメッシュ状に接続・外部接続をそれぞれの箇所で行うという形に変化させようって事です。

それでも、収まらないときは…?地域IP網でも全部メッシュ接続しましょう。それでいい。
と投げておしまい。もうちょっとまともな事書けば良かった…_| ̄|○
| Code+Net+PC | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gpk.jugem.cc/trackback/74
トラックバック