CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< /dev/nullするのを引き受けるプラットフォーム | main | φ(。。)メモ… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
資金はどこに消えるか
そういえば最近読んでないな。ミラーマン植草君も捕まったし手鏡がブームですかまた。とか思いながら週刊!木村剛をちょっとよんだら、いまごろ週刊!木村剛: 祝!日本振興銀行の免許取得と腐女子との出会いなんてものを見つけて吐血寸前のgpkもとい…いややっぱここではgpkです。まあ僕は金融系の人間でもないのですが家族が。そのわりには諮問会議で村井純に名刺もらったとか言ってる家族ですが。まあそれはともかくなんとなく
週刊!木村剛: 「民営化」は手段に過ぎない[コラム]
をよみながらだら〜と考えが上滑りしています。
石原大臣
他の国の民営化された空港を見てきました。それらはどこも着陸料ではなくて、それ以外の収入で儲けている。
てのはシンガポールのチャンギ空港とかがモデルケースなんでしょうが、あれは空港がそもそも流量の多いところだから成り立つんですが。一種のスケールメリットですね。僻地にある空港の場合逆のやり方を取らないと。ってまた寄り道してしまった。
 「民営化」が一つのシンボルになっているというのはメタファーが転じてそうなったのではともおもうのですが、まあ基本的には「負債コンテナの切り離し」で大抵一致していますね。国鉄も東京地下鉄も道路公団も本四架橋も。もう一つはゆがんだ市場の更正。郵貯民営化。まあいずれにしても目的と手段がある意味一致しているから簡単に融合してしまっていつの間にか、メディアに理解されやすい「民営化」だけがメディア領域を通過して世間に伝播するわけです。メディアは理解できない情報を簡単に欠落させますから。科学系の記事なんか読んでるとがっくりくる事が多数。で、世間に残ったイメージが逆に政治的に利用され、焼き戻しが起きてますます「民営化」のみになっていくわけで。
国鉄はそれでレポート書こうとした過去の記憶から引っ張り出してくると、結局資金の流れを新幹線と三島基金で縛り付けていたのが新幹線の負担制限の期限切れとともに本州は政府の手を離れ、残りは未だに方向性を見つけられずに迷走するという状態にしかなっていませんが、それは事業の地理依存度の高さによるものですから仕方がありません。僕の大嫌いな「国土の均衡ある発展」なんてものが現実にはなっていないいい実証例だと思うぐらいです。そして地理依存度が高いものについては地域分割では公社機構から衣替えした営利企業という形態「では」少なからず課題を残してしまうのです。地理依存度が低かったらどうなるかというのはまたおもしろい問題ですが、それは電源開発に例を求める事になるかもしれません。
 また横道にそれた。繰り返しになってしまうが民営化というのは結局公共システムにリスクとダメージを付加して、つまり一般的な市場に投入して通常「事業化」することで目的が達成されると近視眼的に置くと、目的自体がリスクの付加であったり、抱え込んだダメージの切り離しであったりと手段に近接してる事が多いためにもともと目的を見失いやすいもので、それを考慮して観察する、ということしかできることはないのではないかとおもうのです。たしかに「手段」にすぎない!ですが。
 郵貯においてなぜ入り口の市場融合が叫ばれるかと言えばその入り口から出口までが偏った資金の流れである元凶その一が入り口、それが持つイメージだからではないかと。
あと単純に出口の駄目親父が更正しそうにないからと言うのもありますが。腐りすぎてて。更正しようとしても財投機関債の時点で駄目。まあこれについてはいまだにリテールバンク日本一を叫んで「コストがかかるから24時間営業は出来ません」なんてぬけぬけと言ってる既存の民営金融機関があまりにも官業的で、現状ではまともに市場プレーヤーとして市場を形成していないという問題もありますが。新生銀行と、りそなにでも期待しましょう。
 ですから民営化という「手段並びに手法」というものは本来の性質として近接した「目的」を持っているので、政策段階ではそれらはすでに融合してしまうのではないでしょうか。そのほうが浸透するから。
どこに?世間に。なぜ?メディアが理解できる限度だから。負のフィードバック回路ですね。

 なので実は問題点はメディアのフィルタの許容度にあるんだと思いますけど。まあ蛇足でした。
| blog+JUGEM | 23:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gpk.jugem.cc/trackback/60
トラックバック
『現実化するジョークの悪夢』(野口悠紀雄) : 構造改革・金融・リスク/ページ中ほどから英語学習(学習法)・発想法・整理法など
butjokeless 現実化するジョークの悪夢(野口悠紀雄)  
| 0 1/2 | 2004/08/10 4:34 PM |